「今週の英語News」20181008( win the championship /補足:形容詞的用法の to不定詞)

★ブログの購読へ

World No.1
.                at the same time
同時に世界一

南日本新聞2018年10月8日朝刊「こども」のページの英文を引用しています。

初級 中級

Hifumi Abe and his sister Uta won the judo world championships in September.  They are the first Japanese brother and sister to become world No.1 in judo at the same time.

win  :  vt.  に勝つ / を勝ち取る
.          (英語の他動詞について学ぶのに,よい動詞です)

championship  :  n.  選手権大会[試合],優勝[決勝]戦 / 選手権,優勝者の地位
.         (日本語の「選手権」にも「選手権大会[試合]」の意味があります)

 

① won the judo world championships

訳としては「世界柔道選手権(大会という意味)で優勝しました」でよいでしょうが,英語としてはどう理解しましょうか?

 

② to become …

形容詞的用法to不定詞として,この用例に何か特徴は感じられますでしょうか?

 

記号づけ・チャンク訳:

Open/Close

 

解  説

① won the judo world championships

win は「勝つ」という意味で2通りの用法があります。

❶ 〈競技・競争・争いなど〉に勝つ, 勝利を得る(反対語は lose
.     「〈人・チーム〉に勝つ(うち破る,うち負かす)」は,beatdefeat

win a game [a race, a battle, an election]  :  試合 [レース,戦い,選挙] に勝つ
win a beauty contest  :  美人コンテストで優勝する
win an argument  :  議論で勝つ

❷〈勝利・賞品など〉を勝ち取る,〈お金〉を〔賭けなどで〕獲得する

win the Novel Prize in physics  :  ノーベル物理学賞を獲得する
win a gold medal  :  金メダルを獲得する
win $100 from him at cards  :  トランプで彼から100ドルをせしめる
win a reputation as a professional  :  プロとしての名声を得る

 

win に2通りの用法があり,championship にも2つの意味(大会地位)があるので,① は

選手権大会で勝つ
選手権を獲得する

の2通りの解釈が考えられますが,[1] [2] とも

win the championship  :  選手権を獲得する

と解釈しています。

 

[1] と [2] で判断が異なる例もあります。
win a lottery
  :  宝くじに当たる

は,[1] では ❶ の項に,[2] では ❷ の項に入れています。
❶ なら「くじ引き」も「競争」の一種と解釈しており,
❷ なら「当選金を獲得する」という意味合いで解釈しているのでしょう。

 

② to become …

to不定詞形容詞的用法ですね。
この用例の「特徴」を説明する前に,少し整理をしておきます。

中級

to不定詞の形容詞的用法

直前の名詞句を修飾します。
その名詞句との関係で4つのタイプに分けられます。
引用した英文に記号を付けさせていただきました。

1. 名詞句が to不定詞の(意味上の)主語

The man [to |helpyou]A is John. [43]
あなたを助けてくれる人は,ジョンです

The next [to |speak)]A was Mr. Green. [43]
.     次の話し手はグリーン氏だった

The last guest [to |leave)]A was Mary. [44
   最後に去った客は,メアリーだった

 

2. 名詞句が to不定詞の(意味上の)目的語

You’ll need something [toeat|]A[44
何か食べるものがいるでしょう
(意味上の目的語には下線を引きませんが,その代わり「  」を追加して《 」として不定詞名詞句への結合を表現しています)

I’ve bought a book [for Jim toread|]A[44
私はジムが読む(べき)本を買った
for は,to不定詞の意味上の主語を導く「記号化したfor」)

Mary needs a friend [toplay with|]A[44
メアリーは,いっしょに遊ぶ友達が必要だ
名詞句前置詞with目的語ですが,他動詞句play with目的語とも言えます)

 

3. to不定詞が関係副詞節の働き

The time [to |go)]A is 9:30. [43
The time [at which to |go)]A is 9:30.
= The time [(when/at which) you (should go)]A is 9:30.
出発時刻は9時半だ

The way [to |doit]A is this. [43]
The way [in which to |doit]A is this.
= The way [
(in which) you (should doit)]A is this.
そのやり方はこうです

The place [to |stay)]A is the Ritz.
The place [at which to |stay)]A is the Ritz.
= The place [where/at which you (should stay)]A is the Ritz.
お泊まりの場所はリッツ(ホテル)です

 

4. 名詞句と同格的

He forgot his promise [to |come)]A[44
彼は(自分が)来るという約束を忘れていた(訳を改変しました)
promise と [で結んで同格を示してもいいでしょう)

 

to不定詞形容詞的用法で注意すべきこととして,[81]に

   上の1.2. では,名詞句to不定詞結びつきが蜜である(学習しやすい)

   3. では,結びつきは,かならずしも蜜ではなく,to不定詞は不安定な立場にある(英語学習者による むやみな結合は「非英語」になる可能性がある)

ということが述べられています。

 

to不定詞は未来指向(動名詞は過去指向)と言われます。
形容詞的用法の to不定詞は「…するはずの,することのできる,すべき」など未然の動作・状態を表すのが通例です。

しかし,上の1. の用法では,●を付した例文のように,主節の動詞と同時またはそれ以前の過去を示し,「…した」の意味になることがあります。
このように過去」の意味合いでも使われるのが1. の用法の特徴です[81 p.181]。

今回の ② to become … も they are より過去のことですね。

 

参考文献

[1] ウィズダム英和辞典 第3版(2012)
[2]ジーニアス英和辞典 第5版(2015)
[43] 現代英文法講義 安藤貞雄著 開拓社(2005)
[44 基礎と完成 新英文法 安藤貞雄著 教研出版(1987)
[81]英語の語法研究・十章 渡辺登士著 大修館書店(1989)

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Itakura

〜2016 鹿児島大学水産学部教授 ,2016〜2017 水産学部特任教授(英語教育担当),2016〜 鹿児島大学名誉教授/ 〜2017 CIEC(コンピュータ利用教育学会)理事,ネットワーク委員会委員長,2018〜 CIEC 監事/ 2015〜「英語の見える化」研究会主宰/ 資格: 獣医学博士(北海道大学)/