「今週の英語News」20181126( 補足:can と「缶」)

ブログの購読へ

Enjoy Our

わたしたちの
宇宙食をどうぞ!

Space Food!
無重力でもおいしく,高校生が開発

南日本新聞2018年11月26日朝刊「こども」のページの英文を引用しています。

福井県の若狭高校が開発したサバ缶が,11月12日に「宇宙日本食」に正式決定したことに関する記事です。

初級 〜

High school students in Fukui Prefecture recently created canned mackerel as a space food.  Maybe Japanese astronaut Soichi Noguchi will enjoy it on the International Space Station when he stays there next time.

 

解 説

 記号づけ・チャンク訳:

High school students [in Fukui Prefecture]a
.High school stS

高校生た ちが         福井県の

recently (createdcanned mackerel
recently
(creVted〉canned maO
最近    作った(開発した) サバ缶を

[as a space food]a.
.  宇宙食としての

Maybe Japanese astronaut Soichi Noguchi
Maybe Japanese astronaut Soichi
S
かもしれない   日本人宇宙飛行士 野口聡一が

will (enjoyit  [on the International Space Station]
will (en
Voy〉O
.   味わう  それを   国際宇宙ステーションで

when he (stays) there [next time].
when
S’e (stV’
のとき 彼が 滞在する そこに 次の機会に

 

can と「缶」

can と「缶(かん)」の音が一致するのは不思議ですね。

漢字源(改定第五版)によると,「」は,丸く腹がふくれた土器からできた象形文字で,広く土器を表す音符(カン)として用いられるが,それがオランダ語 kan(食品などの保存・携帯に用いられる金属製容器)と音が一致することから缶詰の「」として借用された漢字のようです。

ランダムハウス英語辞典には,can の語源の流れとして、後期ラテン語 canna(小さな器)、ドイツ語Kanne、古期英語 canne があげられています。

缶詰の「かん」は,オランダ語(ドイツ語に近い)だった,ということのようです。

 

参 考 文 献

[1]ウィズダム英和辞典 第3版(2012)
[2]ジーニアス英和辞典 第5版(2015)
[3]ランダムハウス英語辞典 第2版(1993)

 

 

3 件のコメント

  • おっしゃるように前置詞が付いていないところがわかりませんでしたが、理解できました。ありがとうござました。

    • next time が難しかった,ということですが,前置詞が付いていないからかもですね。

      時を表す前置詞句では, next, last, this, that や, some, any, every, one, all が付いた名詞句,
      そして, today, yesterday, tomorrow morning などの前では,
      前置詞(on, in, at)が常に省略されます。

      副詞として使われますが前置詞がない(目的格の形)なので「副詞的目的格」と呼ばれ,
      時,距離,方向などを表す場合によくあります(前置詞が省略されない場合もあります)。
      「英語の見える化」の記号づけでは,前置詞がなくても前置詞句と同様に [ ] で囲みます。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    Itakura

    〜2016 鹿児島大学水産学部教授 ,2016〜2017 水産学部特任教授(英語教育担当),2016〜 鹿児島大学名誉教授/ 〜2017 CIEC(コンピュータ利用教育学会)理事,ネットワーク委員会委員長,2018〜 CIEC 監事/ 2015〜「英語の見える化」研究会主宰/ 資格: 獣医学博士(北海道大学)/