指示詞・人称代名詞 の用法を記号で示す

【お知らせ】
2020年12月14日 『大学英語の基礎』の「発音編」以外すべてをご欄いただけるようにしました。


【改訂記録】
2020年12月29日
・この記事の表題を「指示詞・人称代名詞の用法を記号で示す」とし、それに合わせて文面を改訂した。
・一覧表の中では「指示詞の独立用法」を「独立用法」、「指示詞の非独立用法(限定詞としての用法)」を「限定詞」のように示した(常用する呼称として、短くて適当と考えました)。


英語が代名詞指示詞と呼ぶのが正しいことがあります)をよく使うことにお気付きかと思います。

日本語は、代名詞をあまり使わない言語です。言わなくてもわかる主語を省略したり、「彼は…」ではなく「先生は…」のように職名を使ったりします。英語を和訳するとき、代名詞を省略しても自然な日本語になることが多いようです。

T.D.ミントンは『日本人の英文法 完全治療クリニック』 [160]の「代名詞 it の乱用は恥ずかしい?] の中で、

日本人は、込み入った英文の中で、それぞれの代名詞が何または誰をさしているのかを割り出すのに往々にして苦労します。

と述べています。

★マークが付いた文献番号をクリックすると、引用内容が表示されます)
this
that指示詞)は、名詞の前に付いて限定詞形容詞ではないことに注意)として、あるいは単独で いわゆる代名詞としても使われます[★ 96 144]
ittheyIweyouheshe 人称代名詞)では、名詞の前に付く所有格はもちろん人称代名詞詞ですが限定詞(所有限定詞)として使われます[96 143]。
ここでは、
指示詞」「人称代名詞」は、「語句の分類名
であり、
」「いわゆる代名詞」は、「語句の役割・機能
です。
つまり、thisthat は、代名詞ではないが、いわゆる代名詞 のように使われることもあるわけです。
[★ 91 p.1504]では、thisthat の限定詞としての用法を非独立用法と呼び、 いわゆる代名詞としての用法を代名詞とせず独立用法と呼んでいます。
thisthat は、代名詞ではなく指示詞であることをしっかり抑えることが大事です。

英語では、意味内容のつながり(論理的なつながり)を作るのに指示詞・人称代名詞が大きな役割を果たしています。その理解無くして英文の正しい理解はありません。

thisthatit などを辞書で引くと、それぞれが多様な(しかし、しっかり決まった)用法をもっていることは、わかります。
しかし、あまりにたくさんの項目が掲載されており、学習者は整理と理解に困ります。
現代英文法講義』[43 p.425〜] に詳しい解説がありますが、「外界照応」などの用語を難しく感じる人も多いでしょう。
そこで、

指示詞・人称代名詞の多様な用法を
記号を使って示す学習法を提案します。


文中の指示詞・人称代名詞の意味がわかる、ということは、その指示詞・人称代名詞が何をさしているのか(あるいは、どの名詞句の代わりをしているのか)、つまり指示対象(人称代名詞が表すもの、すなわち人称代名詞の先行詞、を含めて使っています)が何であるのかわかる、ということです。
指示詞・人称代名詞指示対象は、文章中にある場合とそうでない場合があり、まず、そのいずれであるのかをわかる必要があります。
それで、この学習法では、

指示対象存在場所を明示することを
記号づけの第一の基本とします。

それによって、例えば、著者が、文章の流れの中で語っている中で、外(現実世界)に視線を向けたときに、その変化をしっかり捉えることができます。

次に、個別の事柄になりますが、重要なこととして、

that が「先行する文の内容」に言及する場合
指示対象は(単に名詞句ではなく)節的内容である

と考える立場をとります。
that 指示対象が見かけ上は名詞句であっても、それは節的内容を持つ、ということです。
これを明確にすることによって、文章中では、thatを指しit名詞句の代わりをすることが主である、という整理が可能となります。
この考え方を支持するものとして、上で引用した[160]に、

・一般的に言えば、it はすでに言及された特定の名詞の代わりをする
・前の文やに言及する際に thatthis という指示代名詞を用いると、そのが強調される
(この「指示代名詞」は「限定詞」と読み替えてください)

のように書かれています。
なお、this が文章中の内容に言及する場合は、さらに踏み込んで、「話題を指す」という考え[43 p.449][14 p.206]をとります。

 

本記事の内容を1ページにまとめたPDFファイルを、次からダウンロードできます。
代名詞(指示詞)の用法の記号づけ一覧(PDFファイル)

Itakura
一覧表にすることによって、
英文中の指示詞・人称代名詞の用法を確認できるだけではなく、
使われない(使っては、いけない)用法を知ることもできます。

 

指示詞・人称代名詞 の用例と解説

用例を確認できるページを、順次作成していく予定です。

it・that を日本語の「それ」と比較してみてわかること
thisthese の用例と解説へ(作成予定)
thatthose の用例と解説へ(近日中に一部作成後、公開する予定)
itthey の用例と解説へ(作成予定)

 

指示詞・人称代名詞 の用法の記号づけ

用いる記号を赤色で示しています。
大きなフォントⓃ N ○ Cl )は、その用法が主要な用法であることを示しています。
空白のセルは、該当する用法が基本的に無いことを示していますが、
× は、その用法が無いことに特に注意すべきであることを示しています。

表の横幅は固定されています(770px)。
右端の「it its it」の列まで表示されていない場合は、ブラウザの表示幅を調整する、「▶」キーを使う、などで対応してください。

    指示詞 this・that 人称代名詞 it の用法の記号づけ



指示対象 this
独立用法
this
限定詞
that
独立用法
that
限定詞
単数形の
it

it its it
人称代名詞







感知される(された)
物・こと

 

人も


談話
発言そのもの

人も


×
it は無い
he, she, they の用法は、
特別な状況で可能
既知の(「例の」)
物・人・こと
      例の    
紹介・電話における

確認したり尋ねたり
する場合も

紹介
「こちらは…」
複数でも this
This is A and B.

 

紹介
「あちらは…」
複数でも that
That’s my parents.

     
見えないが
状況から特定される
物・人・こと
        ○で囲んだ?  
環境・状況・
光景・天候・

など


This
is …

今(今日)は…


this
time

these days


That
was …

その時は…


that
night

those days
 






意識・心にある
物・人・こと
         










文章・やりとり
に含まれる
内容
T
話題

>T
後述の話題
T
内容

>T
後述の内容

Cl
節的内容

節的内容を
含む語句


  T(T+)
主語は、
まれ


>T
後述の内容

>N
後述の名詞句
×
人称代名詞 it
は、基本的に
名詞句の代わり
述べられていない
名詞、副詞語句
など
        T+♡
強調構文
 
名詞句
人を意味する名詞句
(baby, child, 集合体)
を含む
        N
どの名詞句の代わりなのか
明らかな文脈で使われる
複数形:they, their, them, theirs
物・人・こと ×
文章中では
this
話題を指す
N
this
these
×
文章中では
that
節的内容を指す
N
that
those
   
指示詞         this
that
 
  (形式的な用法)
機能的なつながりは
線で結ぶなどで示せる
    代用語
that of… (人以外)
those of …  ……….
those who … (人)
× that who …spa


関係代名詞
 
形式主語

形式目的語
 






(慣用的な用法)
判断を保留する場合
にもこの記号が使える

       
慣用句などで
 

 

 

this
独立用法
this
限定詞
that
独立用法
that
限定詞
単数形の
it
it its it
人称代名詞

現実世界を表す
意識・心を表す
Clclause(節)の略(補語のCと区別しやすくするには筆記体で続けて描くとよい)
Nnoun(名詞)の略
Ttext(文章)の略
T+ :  文章中の内容と、意識の中にあるものが合わさったものを受けていることを示す
>T, >N :  文章中で、指示詞・人称代名詞 の後で述べられている内容名詞句をさすことを示す
this
:  文章中の指示詞 this(独立用法) を受けていることを示す
that :  文章中の指示詞 that(独立用法) を受けていることを示す

記号は,英文中の指示詞・人称代名詞の上中央に付けます。ただし、限定詞として使われている場合は修飾される名詞の上に付けます。
所有格の itsの場合は its の上に記号を付けます(対象となる名詞の意味が、 itsに含まれるため)。theirの場合も同様とします。

人称代名詞の注意すべき用法の記号づけとして、次のような記号を加えます。

一般のyou一般のthey記号G(Generic の略)とする
関係者のthey では (G) とする
they が「場面からそれとわかる複数の」を直接さす場合の記号 とする
 heshe の同様の用法[91 p.1469]についても Ⓝ人 とする
we が相手を含むことを明示する記号+you とする(相手を含まないことを特に示したい場合は -you が使える)

 

Itakura
指示詞・人称代名詞への記号づけは、
・教師が生徒に説明するとき
・生徒が自分の考えを表明するとき
に便利です。ノートへの書き込みも簡潔になります。
さらに、
・過去に学習した英文中で、気になる用例を探すとき
記号を探せばいいので簡単に見つかります。

新しい記事のお知らせ登録

参 考 文 献

[1]ウィズダム英和辞典 第3版(2012)
[2]ジーニアス英和辞典 第5版(2015)
[3]ランダムハウス英語辞典 第2版(1993)
[14]コンサイス英文法辞典 安井稔編 三省堂(1996)
[43]現代英文法講義 安藤貞雄著 開拓社(2005)
[91]The Cambridge Grammar of the English Language, Rodney Huddleston・Geoffrey K. Pullum 著 Cambridge University Press(2002)Kindle版
[96]Practical English Usage Michael Swan著 Oxford University Press(オンラインアクセス付き 第4版 2017)
[160]日本人の英文法 完全治療クリニック T.D.ミントン著 アルク(2007 新装改訂Ver.1.0, Kindle版 2019)

参考文献一覧へ