「今週の英語News」20181022( 「総称のyou」は単数?複数?)

ブログの購読へ

World’s    世界最強のパスポート      
.   Most Powerful Passport

南日本新聞2018年10月22日朝刊「こども」のページの英文を引用しています。

日本人ビザなしで(パスポートだけで)受け入れてもらえる国や地域の数が190となり,今や日本が世界のトップであるという記事です。
2位はシンガポール189),3位はドイツフランス韓国188)だそうです。

初級 〜

The Japanese passport recently became the world’s most powerful.  If you have one, you can travel to 190 countries and regions without a visa.  “This shows Japanese visitors are welcomed around the world,” the government said.

passport  [ pǽspɔ̀ːrt | pɑ́ːs- ] :  n.  パスポート,  旅券

region  [ ríːdʒ(ə)n ] :  n.   (広大な)地域,  地方,  地帯

visa  [ víː, ⦅米⦆-sə ] :  n.  ビザ,  査証,  (旅券などの)裏書き

welcome  [ wélkəm ] :  vt.  〈人など〉を歓迎する

 

① the world’s most powerful

さて,この world’s の使い方をどう思われますか?

 

② you

この you の意味は?
文の最後が a visa単数になっていますね。

 

記号づけ・チャンク訳:

Open/Close

 

 

解  説

① the world’s most powerful

world’s は所有格ですから,その後に名詞がほしいところですが,形容詞で終わっています。
その意味「(副詞的に)世界中で」は,理解できます。

さて,所有格のこの用法がどの程度一般的なのか,コーパスで見てみました。
最近できた,140億words という巨大なデータベース

iWeb: The Intelligent Web-based Corpus (2017)

で,powerful で文が終わっている,いないで調べたところ,

the world’s most powerful.:    15例
the world’s most powerful :   3311例

という結果でした。
(コーパスの検索窓に入力する時,「‘s」や「.」の前には空白を入れる必要があります。
. powerful で終わっていない場合,その次が名詞かどうかを自動でたしかめる方法はわかりませんが,ざっと見たところでは名詞がきていました)

所有格が(名詞ではなく)最上級の形容詞を修飾(限定)する形は,私としてはまだ少ない,という感覚ですが,今後,ふつうになるのかもしれませんね。

 

② you

これが you総称用法(話し手相手を含めた一般の人々をさし, 訳さなくてもよいことが多い)であることは,おわかりかと思います。
総称」ということから複数扱いではないか,と思われる方もいるかもしれませんが,

総称you = anyone, including you and me [14 p.314]
.      one (= a person) と同じ意味で,one よりくだけた,より具体的な言い方

ですので,単数ですね。
anyoneで「だれでも」という感覚です。

 

参考文献

[1] ウィズダム英和辞典 第3版(2012)
[2]ジーニアス英和辞典 第5版(2015)
[14] コンサイス英文法辞典 安井稔編 三省堂(1996)

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Itakura

〜2016 鹿児島大学水産学部教授 ,2016〜2017 水産学部特任教授(英語教育担当),2016〜 鹿児島大学名誉教授/ 〜2017 CIEC(コンピュータ利用教育学会)理事,ネットワーク委員会委員長,2018〜 CIEC 監事/ 2015〜「英語の見える化」研究会主宰/ 資格: 獣医学博士(北海道大学)/