find は一瞬の動作?

新しい記事のお知らせ登録

先週の「今週の英語News」20190304( sitは「座る」?/ 補足:動詞が表す状況の分類)は,記号づけを越えた英文理解の話でしたので,ちょっと難しかったようです。
しかし,日本語の動詞と英語の動詞の根本的な違いを理解することは,とても大事なことです。
もう1つ例を紹介します。

中級 〜

Enjoy Simple English 2018年7月11日放送の
「Where Are My Glasses  私に限って」
に次のようなくだりがあります。

ある旅館で,男性客が,温泉の脱衣場で自分のメガネが無くなった,
とフロントの受付係に話しています。
受付係は「お客様のお部屋にないことはたしかですか?」と確認したあとで,
男性客に次のように言います。

I’m afraid I have not heard about anyone finding glasses today.

「あいにく,どなたかがメガネを見つけた,ということは伺っておりません。」
というような意味であることはわかると思いますが,
どのような構文でしょう?

about anyone doing …
という形であれば(後置修飾なので)doing を一時的な状態を表す -ing形として
[about anyone][(who is) doing …]A
という構文を考えるのがふつうでしょうが,
(補足: do が状態動詞であれば,関係節への書き替えで進行形にはしない[43 p.235])

is finding glasses

をふつうに訳せば,

メガネを見つけている(進行

になってしまいますが,それでいいでしょうか?
(「探している」という意味には,なりません。念の為)

「(すでに)見つけている(完了)」なら日本語として意味がわかりますが,

瞬間の動作である「見つける」の進行形である「見つけている」は,高速度撮影の映像の説明でもない限り考え難いでしょう。
(補足: 完了の意味では,後置修飾で having found とするのではなく,関係節を用いるのがよいようです

[43 p.235])

別の文法的解釈として,

finding-ing形の名詞用法(動名詞)で,anyone はその主語である,
そしてその -ing形完了の意味である

という捉え方もありそうですが,

rememberforgetregret の目的語となっている場合は
過去の事件を示すことが明らかなので,
完了の -ing形(having+過去分詞)ではなく単純な -ing形 を用いる
[43 p.259]

ということですから,remember などの目的語でもないこの findinghaving found と解釈するのは無理があります。

 

英英辞典のコウビルド米語辞典[35 ❾]によい例文があります。

I was just finding more time to write music.
曲を書くための時間が見つかって,曲を書いていた(和訳は板倉)

find の説明は次のようになっています。
If you find the time or money to do something, you succeed in making or obtaining  enough time or money  to do it.

上の例文のfind は「見つける」という瞬間の動作に加えて,見つかった時間を得ている状態の意味も含んでいます。
曲を書く時間が見つかり,その時間を使って曲を書いていたことがわかるのでそのような和訳にしてあります。
なお,was finding という進行形で,一時的なことであることが表現されています。

「今週の英語News」20190304 で紹介した sit の場合と,動作の後の状態を含むという点で共通しています。

Sit down for a while.
しばらく座ってお待ちください
sit down には「座る」という動作に加えて座っている」という状態も含むので, for a while との共起が可能)
[2]

今回の英文では,findメガネを見つけた後の状態(しいて訳せば「知っている」)も含んでいると考えないと理解できません。
(「今週の英語News」20190304の「動詞が表す状況」では,Achievement 達成[punctual 瞬間相]の項に I found the key. がありましたが,findを達成動詞,瞬間動詞などと覚えてもしょうがない,あくまでその動詞が使われている状況に合わせて理解することが大事,ということです)

英文に,記号を付けると次のようになります。

I(’m afraida(I (have not heard) [about anyone] [|finding↓who isglasses todayad]A).
S’m aVfrid〉OS’ (have not V’hrd) [about anyone] [|fin(v)ing〉as(o)
すみませんが  聞いていません いかなる人についても メガネを見つけた(+見つけている) 今日
(「(すでに)見つけている」という訳だけでは,見つけた後の状態が強調され過ぎます)

be afraid は他動詞として働いている[45 p.439]と考え,他動詞として記号づけします。
ただし,afraid の右肩に,形容詞を表す a を付けます。

sitfind の他にも,例えば forget の意味として[1]では「忘れる」より前に「思い出せない」という状態の意味が掲載されています。

 

Itakura
英語の動詞が含む「状態」は,日本人は見落としがちで,理解も難しいので,意識的に学ぶ必要がありそうです。

 

参 考 文 献

[1]ウィズダム英和辞典 第3版(2012)
[2]ジーニアス英和辞典 第5版(2015)
[3]ランダムハウス英語辞典 第2版(1993)
[4 リーダーズ英和辞典 第3版(2012)
.         「未完了相」「瞬間相」などの訳語も掲載されている。
[31]OALD オックスフォード現代英英辞典 第9版(2015)
[35]Collins Cobuild Advanced American English Dictionary(第2版,2016)iOSアプリ:コウビルド米語
[43] 現代英文法講義 安藤貞雄著 開拓社(2005)
[45] 表現のたための 実践ロイヤル英文法 綿貫陽・マイク・ピーターセン共著 旺文社(2006
[91]The Cambridge Grammar of the English Language Rodney Huddleston・Geoffrey K. Pullum 著 Cambridge University Press(2002)Kindle 版

参考文献一覧へ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Itakura

〜2016 鹿児島大学水産学部教授 ,2016〜2017 水産学部特任教授(英語教育担当),2016〜 鹿児島大学名誉教授/ 〜2017 CIEC(コンピュータ利用教育学会)理事,ネットワーク委員会委員長,2018〜 CIEC 監事/ 2015〜「英語の見える化」研究会主宰/ 資格: 獣医学博士(北海道大学)/